読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ!

。思い出にもなったので、買ってよかったです。お友達ブログで発見して!ママが懐かしさいっぱいで購入しました。

こちらです!

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイおおきなかぶ [ アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

買って良かったです。言うまでもない定番昔話ですよね!自分も幼稚園で散々読んでました。小学校の一年生の教科書に出てくる話でもあります。絵本の中でも分かりやすく読み方次第では子供も大喜び!で!一緒に読める…なかなか良い絵本です。子どもと一緒に読みたくて購入。我が家の子供は2歳半までは反応薄く!スルー。3歳になる子供に購入。幼稚園の年中さんくらいから、一緒に「よっこいしょ、どっこいしょ」と楽しめるお話です。絵が印象に残っていて懐かしく思い出しました。シャンティ国際ボランティア会の「絵本を届ける運動」に参加するために購入。定番中の定番の絵本ですね。2才ですが、喜んでいるそうです。こどもが幼少期に読んでもらった本!今回は姪の娘に誕生日プレゼントに購入。友人へのプレゼント用です。子どもの反応は読み始めは興味なさそうでしたが『うんとこしょ どっこいしょ』のところを体を使って表現すると笑いだしお気に入りの絵本になってくれたようで読んでと持ってきます。(近所の書店では売ってなかった)何せ!一緒に購入したのが大好きな『よるくま』さんだったので始めの食いつきはイマイチでしたが!今では「うんとこしょ!どっこいしょ!」って言いながら絵本を持ってやってきます。先生にみんな知ってると思うけどと言われ知らない私は焦ったのを覚えています。よく見ると、いろんなおじいさんの表情が見られて、すごく面白いです!!子供たちも「うんとこしょ どっこいしょ」と一緒になって、お話しするので買って良かったです。子供のころ!母から読んでもらった絵本。それはそれで楽しいみたいで真似します(笑)「やっとかぶがぬけました」では拍手喝采の息子。うんとこしょ、どっこいしょのフレーズが大好きです。繰り返しがあり、8ヶ月の娘も喜んで聞いてます。大型絵本にもなっていて、愛され、読み継がれている作品ですね。とても懐かしい、内容でしたうんとこしょ♪どっこいしょ♪まだまだ株は ぬけません♪このフレーズを子供が繰り返して言っています。自分が子供の頃に読んだなぁと思って注文しました。図書館になぜかこの本が無くて、しびれを切らせて購入しましたが、さすが名作!買って間違いはなかったです。勿論ウチにもありますのでこの1冊を選びました。おすすめです。私がこの本と出会ったのは小学生の時の教科書です。私が読み聞かせようとしたら奪い取って投げ捨ててましたが(笑)、2歳8ヶ月頃から興味を持ってくれるようになりました。3歳越えてじゃないと無理かなと思ってましたが、2歳代に間に合いましたね。3歳の娘が大好きな本で、毎晩読んでます。繰り返しが楽しくて、増えてくるお手伝いたちも楽しく、何度読んでも楽しめます。この活動は、日本の絵本にカンボジアの言葉に翻訳された訳文シールを貼って途上国の子どもたちに贈るというもの。かぶを見上げて!ボー然とするおじいさん。幼稚園の発表会で!息子が劇をしたので!購入しました。「まだまだかぶはぬけません」で首を横に振りながら喜んで見ている我が子です。いい物は何年たっても満足です。授業で暗記もさせられました。子供にとって繰り返しは楽しいみたいですが。テンポもいいので楽しみながら読めます。親子2代で大好きな絵本になりました。今は私が読むと!絵を真剣そのものな顔で見つめています。とても楽しいです♪大きく大きく育ったかぶを、人や動物たち皆の力を合わせて抜くというシンプルなロシアの民話です。(レビュー記入:30代 主婦(女))2才になる甥っ子にプレゼントとして購入しました。大人が読んでも楽しくて、時代を超える名作だと思います。「うんとこしょ どっこいしょ それでもかぶはぬけません」子供の頃には気づかなかったけど、かぶが抜けなかった時のおじいさんの表情がなんとも言えず、思わず読みながら爆笑してしまいました(笑)三角座りして、しょんぼりしている おじいさんを横で励ます おばあさん。あきらめない事 とても大切ですね。ちょっとママは読むのに飽きちゃう時!ラップ調に「おばあさんがおじいさんを引っ張って!YO!おじいさんがかぶをひっぱってYeah!」とかリズム取りながら読み聞かせちゃうけど。なのでこの本は絶対子供に買おうと決めていました。読みながらわたしまで抜くのを手伝っている気分になり楽しめました♪4歳と2歳の息子達の寝かしつけよう絵本として購入しました。